【会場インタビュー】FiNC Technologies 川上様

 

皆さまこんにちは、Ques事務局の岩切です。

第12回Quesの募集を開始して以来、お陰さまで多数のお申し込みをいただいております!
ありがとうございます。

今回の記事では、第12回Ques会場をご提供いただいた株式会社FiNC Technologies川上様のインタビューをお届けいたします!

―この度は第12回Quesに会場をご提供いただき、誠にありがとうございます。すごく素敵な会場ですね!
昨年11月にできたばかりとのことですが、こだわりやおすすめなどありますか?

四面の巨大なモニターに、映像をシームレスに映せること、また、300名規模の大きなイベントにも対応した造りになっているところでしょうか。
ヨガイベントやセミナー、FiNCユーザー向けのフィットネスライブ配信などにこのホールが使われています。
もともとは5階の150名規模の会場のみでしたが、7階にも増床しました!

―セミナーも行なわれるとのことですが、どういったセミナーが多いのでしょうか?

エンジニア向けのセミナーはよく行なわれています。
弊社はAIやブロックチェーンといった分野にも力を入れて研究しているので、最新技術に関するセミナーなどに使われることが多いです。
それ以外にも、マーケティング系、UI、UXなどクリエイティブ系のイベントも行なっています。
有楽町や銀座という立地で大きいスペースを使える場所は他になかなかないと思います。

―素晴らしい立地とこの規模の会場、Ques事務局としても本当に助かります(笑)。

もっともっと盛んに使っていただければと思います!
QAがテーマのイベントは今回のQuesが初めてとなりますので、これを機に今後QAのイベントも広げていければと思っています!

―初のQAイベント、光栄です!Quesに期待することは他にもありますか?

この業界の方々は、ずっとスマホを触って同じような体勢で仕事されている方が多いと思います。
同じ体勢で仕事をしていると、体に問題が発生したり、それを理由にさらに運動しなくなる悪循環が発生して、生活習慣病になってしまったりしますよね。
Quesへ来られたことをきっかけにFiNCのサービスを使っていただいて体を動かし、睡眠時間・歩数・食といったライフログをつけ、しっかりと自分の体の中の品質管理を行なっていただければと思います。

―体の中の品質管理、いい言葉ですね!

「QAってどんなことをしている組織ですか?」とよく聞かれるのですが、「品質を改善するための活動をしています。」と答えても伝わりにくいので、「ヘルスケアの分野で例えると健康診断をするようなもので、病気を見つけるようにサービスにバグや欠陥がないかを調べる活動をしています」と説明しています。

―なるほど、わかりやすいです!私もQAの説明にはよく頭を悩ませているんです。

ヘルスケアでもガンになってしまう前にいかに予防していくかは大事なことです。
サービスを運営していく上でも、重大なインシデントが起こらないように、早めにどこかおかしいところがないかを調べて予防していくことが必要だと思っています。
また、FiNC Technologiesは「健康寿命を延ばしていきたい」と思っています。
疾患にかかった人の治療ではなく、その前段階、体のコンプレックスからの解放・生活習慣の改善・働き方改革といった予防をすることで、健康寿命の延伸を目指しています。
QA業務でも同じように、システム自体だけでなくプロセスやプロダクトそのもののヘルスチェックをして改善を目指しています。

―Quesの参加者にも、「健康寿命」を意識していただきたいですね。

そうですね!夜遅くまで仕事をしたり、ファストフードを食べたりと、栄養や運動や休息をきちんととられていない方が多くいらっしゃると思います。
それを繰り返すと体の不調が出てしまいますので、そういったものを減らして改善してもらいたいですね。

―耳の痛い話です…。私も体の不調が出つつあるので、改善していきたいと思います。
「自分の体のQAをしよう」というのは、QAエンジニアには響く言葉なのではと思います!
話は変わりますが、今後こういった形でこの会場を活用したいなど、展望はありますか?

ライブ配信ですね!
ユーザーと専門家(プロフェッショナル)をつなぐPtoCをもっとやっていきたいと思っています。
この会場を使ったライブ配信を通じて、直接トレーナーに相談したいけれどフィットネスクラブに行けないような人たちにも情報を提供したいと思っています。

―最後に、第12回Quesに参加される皆様へメッセージがあればお願いします!

弊社は社名が10月から株式会社FiNC Technologiesに変わりました。
これまでもAIやブロックチェーンの研究を積極的に進めてきましたが、さらにテクノロジーやITに強い会社を作っていく、というメッセージが社名に含まれています。
QAについてもテストオートメーションはもちろん、さまざまなテクノロジーを使ったテストに変えていきたいと思っています。
また、健康経営を推進する法人向けサービスやフィットネスクラブが社内にあり、ソフトウェアを売っているだけの会社ではないというところも魅力だと思います。
「ヘルスケア」「AI」「IoT」といったキーワードに興味のある方がいらっしゃれば、ぜひFiNCで働くこともご検討いただければと思います(笑)。

―川上様、貴重なお時間をいただき、ありがとうございました!

 

 

第12回Quesのお申し込みはこちらから!