ご講演者インタビュー Photosynth石井様

皆さまこんにちは、Ques事務局の鍋嶋と申します。
先日第11回Quesの募集を開始し、多数のお申し込みをいただいております!
いつもありがとうございます。
今回の記事では、第11回Quesご講演者フォトシンス石井様のインタビューをお届けいたします!
すでにお申し込みいただいた方も、まだ様子見の方も、
ぜひご覧いただいてQuesを楽しみにお待ちください!
 


 

Quesとの出会い

Quesを知っていただいたきっかけは何ですか?

第10回Quesの案内をいただき、参加者として参加したのが初めてです。なので、ちょうど1年前ですね。
今までJenkinsの勉強会やデバイスの展示会、CEATECなどのイベントには参加してきましたが、Quesはそういったイベントとは違い、参加者同士もですが、講演者と参加者の距離が近いのが印象的でした。
そのせいか、今まであまり参加してこなかった懇親会にも参加したいと思いましたし、実際に講演者の方ともお話しできて、とても有意義な時間となりました。
同じ課題を持っていたり、同じ境遇に立たされていたりするエンジニアが多いなぁと感じましたね。
一度来たら、必ずもう一度来たくなるイベントだと思います(笑)

 

お褒めの言葉ありがとうございます!(笑)

 

 

Quesご講演者として

お忙しい中ご講演をお受けいただき、誠にありがとうございます。受けていただけた理由はどんなところにあったのでしょうか?

技術交流ができたらという気持ちが一番ですね。
講演側であっても参加する側であっても変わらないと思い、今回のお話をお受けしました。
僕と話したいという方が来てくれたら嬉しいです!
あとはもちろん、自分が携わっているAkerun Proを知ってほしいという気持ちも大きいです。
IoTのTの部分をやっている方、同じ悩みを持つ方と、交流できたらと思っています。

第11回Quesに向けての意気込み

最後に、第11回Quesに向けてお気持ちをお聞かせください!

今回の講演では、皆さんに共感してもらえるような苦労話をしようと思っています。
フォトシンスがどう解決したか、をお話しますので、皆さんに持ち帰って役立てていただけたら幸いです。
以前は大手企業でエンジニアをしていたのですが、ベンチャーも大手も、悩みやソリューションは共有できるものだと感じています。
会社の垣根を取っ払ってたくさんお話ししましょう!

石井様、ありがとうございました!当日どんなお話が聞けるかとても楽しみですね。

第11回Quesのお申し込みはこちらから!