Ques [キューズ]とは?

注目

WHAT IS QUES ?

Quesとは、Software品質保証に関わるQAエンジニアの活性化を目的としたQA専門のイベントです。
Software品質保証に関わるQAエンジニアの方が、会社間の垣根を越えて、情報交換や交流を深めてもらう事で、日本のSoftware品質保証を盛り上げていく場にしたいと思います。

【 第11回 Ques #ques11 】募集開始いたしました!詳細はこちら


ご講演者インタビュー アイレット鈴木様

INTERVIEW
皆さまこんにちは、Ques事務局の鍋嶋です。
今週金曜日に迫った第11回Quesですが、180席まで増席しました!皆さまの参加をお待ちしております。
今回の記事では、第11回Quesご講演者アイレット鈴木様のインタビューをお届けいたします!
 

ご講演者インタビュー Photosynth石井様

INTERVIEW
皆さまこんにちは、Ques事務局の鍋嶋と申します。
先日第11回Quesの募集を開始し、多数のお申し込みをいただいております!
いつもありがとうございます。
今回の記事では、第11回Quesご講演者フォトシンス石井様のインタビューをお届けいたします!
すでにお申し込みいただいた方も、まだ様子見の方も、
ぜひご覧いただいてQuesを楽しみにお待ちください!
 

改元に関するテスト観点を考えてみました

QUES TECH

ヒューマンクレストの磯部です。
年度も明けたので、特に業務的な要請はないけれど改元のテスト観点を考えてみました。
『知識ゼロから学ぶソフトウェアテスト』にならって、入力・出力・計算・保存という切り口で書き出していきます。

入力処理

まずは当たり前のところから。
和暦で新年号を使った入力、特に境界値として年号切り替わりの 2019/04/30 と 2019/05/01 は必ずテストします。
新年号に応じた略記号も入力で使いますね。

和暦で入力できる場合、正しい値(例えば、[新年号]元年5月1日)以外に、正しくない値(例えば、平成31年5月1日)でも試す必要があります。
もちろん、エラーが出る、正しい値に変換されるなど処理がどうなるかは仕様次第です。
特に、平成31年5月1日のような過去に正しかったけれども、現在は正しくなくなった値は要チェックだと思います。

出力処理

入力したものが表示できることは当然確認するとして。
「㍻」のような合字を使用しているならば、テストが必要です。
合字は、Unicode で 1文字に割り当てられているのですが、新年号が決まると新しくコードが割り当てられるそうです。(参考サイト:Microsoft | TechNet 新元号への対応についてのアップデート
アプリケーションだけでなく、フォントとかOSがからんでくるので、いかにもバグが出そうですね。

計算

和暦と西暦の変換については、入力処理で記載したような値は網羅してテストすべきでしょう。
正しくない値として、平成31年4月31日のような存在しない日付を変換してみるのも必要です。

平成31年5月1日のようなパターンでは、西暦との相互変換をした場合に、変換と逆変換をかけると元の値に戻ってこない気がしますね。

1つの日付ではなく、日付の期間や、日数計算などがあると、考慮事項が一気に膨らみます。
全てUTCに変換してから計算するのであれば、変換をしっかりテストすれば良さそうですが。
例えば、平成30年4月1日〜平成33年3月31日の期間の日数を計算する場合はどのようなアルゴリズムになっているか。
このあたりは、ブラックボックスでテスト設計するにも限界がありそうで、アプリケーションの内部仕様を深掘する必要があります。

また、新規リリース・新規サービス開始でないかぎり、新年号に対応したバージョンにどこかで切り替わることになります。
処理やステータス遷移が、バージョン切替えをまたいで行われる場合は、特に注意が必要です。
バージョンアップは新年号への切替え前だから、と油断は禁物です。
未来日を扱うケースは多く考えられます。
期限の終わりや、なにかの終了日は何年も後になるケースもあるので要注意です。

データ保存

保存についても、内部仕様が気になるところです。
すべてUTC保存であれば、前記で上げたような値に対して、保存されていることを確認するだけで問題ないのですが。

こんな現実もありますし。

和暦(年号) がなんらかの形で保存されているのであれば、それに対する確認が必要となります。
既存データの参照だけでなく、更新で問題が起きないかも確認します。
既存データを編集して何も変えずに再保存というのも注目ポイントですね。

おわりに

なるべく特定のサービスを想定せずに、一般的な観点として考えてみました。
なかには本当に改元対応のテストを業務で行う方もいらっしゃるかもしれませんが、参考になれば幸いです。
特に予定がないみなさまも、「こんなところをテストする」「ここでバグが出るはず」と考えてみてはいかがでしょうか。


React Test

QUES TECH

こんにちは。ヒューマンクレストのマイです。

現在自社サービス開発でReactというJavaScript(JS)ライブラリを使っております。

開発ではテストが欠かせないので、テストを意識しながら、開発を進めています。今回はReactのテストについての話をしたいと思います。


テスト自動化- puppeteer

QUES TECH

image

こんにちは。ヒューマンクレスト山口です。
私は普段「Selenium」を用いて、Webサイトの自動化しています。
皆さんは自動テストをしながら、HTTPステータスコードを確認したいと思ったことはありませんか?
現在、「Selenium」ではHTTPステータスコードを確認することはできません。
HTTPステータスコードを取得するには様々な方法がありますが、ライブラリを使うのも1つの手段だと思います。
そこで今回は「puppeteer」を用いたWebサイトのテスト自動化を簡単に紹介します。


ボーイ・ミーツ・ガール。QA・ミーツ・UX。

QUES TECH

QAmeetsUX

こんにちは!ヒューマンクレストの村上です。

私はヒューマンクレストでユーザー評価サービス「EMOLOG」を運営しています。実はQAとUXは相思相愛。今回はサービス運営で得た知見から「QAエンジニアこそUXを学ぶべき」という話をします。


ユニットテストを推進して半年経過したまとめ

QUES TECH

こんにちは、ヒューマンクレスト 磯部です。

今回は、私が社内向けに開発・運用している Webアプリの、ユニットテストについて書いてみます。


Selenium Committer Day 2017 参加レポート

QUES TECH

image

こんにちは。ヒューマンクレスト山口です。
7/1(土)に「Selenium Committer Day 2017」に参加してきました!
今回は、簡単にその内容をまとめようと思います。


AWS Device FarmでAndroidのChromeを動かす

QUES TECH

image

こんにちは。ヒューマンクレスト山口です。
Androidの実機で自動テストを行う時、どのような環境でテストしていますか?
今回はAWSが提供するDevice Farmを使用した方法について紹介します。


【第10回Ques】開催のご報告と御礼#ques10

QUES VOL.10

皆様こんにちは、Ques事務局の千葉です。

5月26日に、第10回Quesを開催致しました。

ご来場いただきました皆様、そして素晴らしい会場をご提供いただきました株式会社ガイアックス様、ならびにご講演いただきました株式会社サイバード柿崎様、株式会社FiNC川上様、誠にありがとうございました。
この場を借りて、御礼申し上げます。

今回は節目となる第10回ということで、イケてるQAの現場~過去、現在、そして未来~をテーマに、第1回にご講演いただいた柿崎様と川上様にご登壇いただきました。

当日は130名以上の方にお越し頂き、大盛況となりました。
開催のご報告とともに振り返りを行いたいと思います。